第2部ギロッポン~ザギン編

皆様、どうもです、タルボチです。

 

さて、トリコさん上京シリーズの第2部、ギロッポン~ザギン編でございます(笑)。

 

イセメンを後にしてギロッポンのエストに。

トリコさんはエストのパチモレとエストオリジのチノとカーゴ、わたくしは取り置きしていたブツを…。

 

パチモレの秋冬に関してはバニの方が出来がいいかも。

新宿のバニでトリコさんも言ってましたが、今回のバニのパチモレの出来はスバラシス(笑)。

あとイセメンの1階にもフィナモレクリソツなシャツがわんさかありましたですね。

 

てな事で、トリコさんには以前僕が試着したエストオリジのガーメントダイ&ウオッシュのコットンジャケをご試着。

これ、ピークドラペルなんですけど、ボ○オ○のC○A○ラインにクリソツ(笑)。

 

僕は胸が厚いんでシングルのピークドは似合わなかったんですけどトリコさんにはピッタリでした。

サイズは50を試着、袖丈、着丈とも問題なしって感じ。

 

トリコさん、相当悩んでましたですね。

って、僕がゴリ押ししたのもあるんですけど。

 

あとエストオリジのカーゴとチノパン、こちらもシルエットは激細でした。

裾幅はベルウイッチとどっこいどっこい、17cmあるかないかって感じでした。

 

で、僕の方は…無事にゲッチュいたしました。

でもお直しがあるので、受け取りは今週末くらいです。

こちらはまたの機会にアップさせて頂きます。

 

あとトリコさん、ゴールドブラザース(?)のドラシューなんかも試着して、かなりお気に入りのようでしたが、僕が、今ドラシュー買っても履くん?と言う一言で思いとどまってました(笑)。

 

で、ギロッポンはこのくらいでいいねとばかり、CEOとの待ち合わせ場所であるザギンへ。

CEOとの待ち合わせにはまだ時間があったので、二人で最近OPENした、ウブロの路面店に。

僕もウブロは初めて。

二人で店内を偵察してると奥から何やら品のあるお姉たまが。

 

何か気になるものがございましたらお出ししますのでとのお言葉に甘えて出して頂いたのが、このモデル。

ウブロの限定のアイルトンセナモデル。

画像だと分かりにくいですけど、ボディはカーボン、文字盤の部分もスケルトンになってます。

ボディは48mm。

お値段は300ポッキリ。

買っちた(笑)…嘘です(笑)。

 

48mmですから僕のオフショアより6mmほど大きいですけど、はめてみるとそれほど大きさは感じなかったです。

まぁカーボンなんでやたらと軽かったです。

 

で、ウブロのネーム入りシャンパングラスでペリエなんて二人して飲みながら、ダイバーも見せて、44mmのも見せて…なんて時間を潰してました(笑)。

 

ちなみのこのセナモデル、すでに予約で完売状態だそうです…残念、買おうと思ったのに…ウソです(笑)。

300出す、いや、出せるなら、それで時計を買うとするなら、個人的にはオフショアの44mmのカーボンを買うかな(笑)。

ウブロファンの皆さん、ゴメンナサイ。

あくまでも個人的な好みです。

 

で、ウブロを後にしてCEOと合流、オモサンへ。

長くなってしまったので、オモサンでのあんな事やこんな事は第3部っちゅう事で…宜しいでしょうか。

 

オモサン編では、あの、関西のカリスマブロガーさんである我らが宣伝担当執行役員であられる、あのお方が…おぉ~思い出すだけでも身体が震える…(笑)。

 

 

「ニサンカタンソ」はオシャレオヤジブロガー達のアイデアで誕生したオリジナルブランドです。

ニサンカタンソではブロガーの皆様にリンクをお願いしています。

詳しくはこちら