いよいよニサンカタンソの季節がやってキタァ~!

皆さん、こんにちワン(笑)。

もうピッコロさんでスカルディーニの新作、チェケナして頂いたでしょうか。

 

売り切れ必至ですから、お早めにどうぞ。

 

いよいよニサンカタンソの季節がやってきましたですね。

東京も毎日、昼間は22~24度くらいで朝晩は20度を切る気温です。

まだ本格的な秋冬ジャケットは早いですけど、ジャケパンを楽しめる季節になってきました。

 

さて、今日は以前に何度かご紹介してますボリオリのKジャケットのダブル。

ピッコログランデがピッティで直接ボリオリに別注したジャケットで、ボタンがパーポー。

 

今日はこのジャケにラペルにはオレスカセブン、それに合わせてポケチはRODAのオレンジ、切羽にチョイ不良アヒルグラサンバージョン。

 

 

このシーズンのKジャケ、確かサイズによってボタンのカラーが違う仕様になってたと思うんですが、そこをピッコログランデさん、ジャケの生地に合わせてすべてボタンをパーポーに別注を掛けてます。

 

ボタンはメタルや貝、ウッドではなく、樹脂で中に紋章のようなデザインと49の数字が刻まれてますです。

 

生地はコットン80%、シルク20%で当然ガーメントダイ&ウオッシュです。

このジャケ、サイズ46なんですが、ウオッシュの過程での縮みが予想より小さかったんでしょうか(笑)。

普段、46のジャケなんて絶対に着れないんですけど、キーラツな事に着れたんで、即効押さえました(笑)。

 

この生地のKのダブルジャケは他では見かけた事がないですねぇ。

 

 

このKジャケに今日はアルバザールのギンガムチェックシャツ、UZeSのグレーコットンチノパンツ、バーニーズのブラウンスエードサイドゴアブーツ、ベルトはアンドレアダミコのブルーのソフトクロコベルトです。

 

オレスカセブン、ポケチ、オフショアのベルトで色あわせをしてみました(笑)。

 

ジャケを脱ぐとシャツのブルー、ベルトのライトブルー、パンツのグレーって感じにグラデーション。

 

このダミコのベルトですが、これもピッコログランデ(笑)。

ソフトクロコって言うシリーズ(?)でマットなブルーと言うか水色のクロコベルトで確かに普通のクロコベルトより柔らかい。

背革に近い部分じゃないかと思いますけど、それにしては柔らかいですね。

色はマット仕様の水色なんで挿し色としてもいいですし、薄い色のパンツなんかにもチリバツで合います。

 

クロコのベルトでマットなカラーのものって珍しいんじゃないでしょうか。

 

今季もダミコかオルチアーニのプンターレ付きの背革クロコのベルトがあるんですけど、あれもいいですねぇ。

欲しい(笑)。

 

UZeSのチノパンは以前もご紹介した通り、ストレッチが効いていて履き易いです。

股上が結構浅くシルエットは膝下ストレートに近いのかなぁ。

裾幅は僕のサイズ32で18cm弱くらい。

十分細いですね。

 

まぁ僕は腿が太いんで十分テーパードして見えますけど、先月上京された際にトリコさんが試着したんですけど、彼のように細身の方だとゼロチンなんかにくらべるとテーパードは緩く感じるかも知れません。

 

 

僕もUZeSはイセメンでげっちゅしたんですが、そのときはこのグレー以外にベージュ、グレージュとか全部で5色くらいあったと思います。

 

グレージュと迷ったんですけど、グレージュはメイソンズのカーゴで持ってるんで、グレーにしました。

 

下手すると作業ズボン?って危険性もある色なんですけど、シルエットが細身なんで大丈夫かと(笑)。

 

それとバーニーズのスエードのサイドゴア。

 

これも前回一度ご紹介してますが、欲しかったんですよ、このデザインが。

 

サイドゴアでスエードでブローグ。

 

これってありそうで中々ない。

 

本家のトリッカーズでもスエードのこのデザインのサイドゴアは以前一度デザインワークスで見かけた事があるくらい。

 

確か2冊目くらいのSnapLEONでイタオヤがこのサイドゴアを履いてるスナップが何枚か載ってて、これいいなぁと思ってたんです。

 

で、バーニーズでみっけちゃった。

で、即効買っちった(笑)ちゅう訳です。

 

ま、お値段もトリッカーズの半分以下でしたし(笑)。

 

このサイドゴアもこの秋冬はフル稼働、間違いナシなヤツでございますですね(笑)。

「ニサンカタンソ」はオシャレオヤジブロガー達のアイデアで誕生したオリジナルブランドです。

ニサンカタンソではブロガーの皆様にリンクをお願いしています。

詳しくはこちら