2011年

11月

09日

やっと、やっと秋らしくなってきた…。

皆さん、東京も昨日くらいからやっと秋らしくなってきました。

 

本格的な秋、到来ってぇ事で我らがカリスマ縫製師も日夜シコシコ手縫いでニサンカタンソの製作にいそしんでおるところでございます(笑)。

 

さて、昨日はこんな装い…ボリオリCOATのコットンビスコース素材のオフホワイトダブルジャケにブロンザージのデニシャツ、パンツはメイソンズのスエットカーゴにEAのグレーストール、バーニーズのブラウンスエードのサイドゴア。

 

そこにモスグリーンのスカルディーニとRODAの花びらポケチ(笑)。

 

このジャケット、生地がかなり厚めなんで真冬でもコートいらないくらいって感じです。

ガーメントウオッシュでいい感じにあたりが出ていて、くすんだ感じの色味なんでベージュとオフホワイトの中間のような感じですね。

 

メイソンズのスエットカーゴも一見スエットとは思えないような生地とシルエットも細身なんでジャケにもバッチリ合いますです。

 

 

 

で、昨日は帰りに久しぶりにイセメンの偵察に。

 

北陸のカリスマ縫製師とご一緒して以来です。

 

さすがにこの時期、秋冬物はすでに入荷済み、売り切れてるものもありますですね。

 

で、昨日のお目当ては我が師と仰ぐ(笑)ガブ氏がプロデュースしているPINO LERARIO REVIVALのジャケ。

 

春の内覧会のおりにREVIVALのジャケとスーツも見せてもらってはいたんですけど、再度どんなバリエがあるのか気になりまして(笑)。

 

で、何着か試着してまいりましたので、その画像も。

 

まずは一発で刺さったグリーン地のデカチェックのシングルジャケ。

いやぁ、これ、いいですねぇ。

エロい!まさにガブさんとピノさんって感じのジャケット。

 

デカラペルに短めの着丈、ドロップ8のシルエット。

 

やられましたですね。

 

このグリーン地チェックのほかにはボルドーベースのチェックとか3色くらいのカラバリがありましたが、このグリーンチェックが良かった。

 

このほかに試着したのが、各セレクトショップで売り切れ続出のローゲージのニットダッフル。

 

イセメンでも売れに売れて、昨日の時点でこの2着、ネイビーとホワイトのみ。

 

このダッフルも内覧会のおりに試着したんですが、そん時は僕の記憶が正しければキャメルカラーのバークの方だったと。

 

試着した時は、どうもあの胸の切り替えがしっくりこなくてラルディーニのダッフルの方が良かったんですが、このREVIVALのダッフルは胸の切り替えが気にならなかった。

 

バークとはベルトが付いてたり細かな仕様の違いはあるようですけど、基本、変わらないような…。

 

 

このネイビーの方はサイズLだったかな。

 

確かに袖丈はかなり長めでしたが着丈やらはホワイトの方のMとあんまり違わないような(笑)。

 

個人的にはネイビーかなぁ。

 

ホワイトもいいんですが、僕のキャラとしてはネイビー(笑)かな。

 

ホワイトの方は着こなす勇気がないって感じでしょうか。

 

いやしかし、内覧会の時も、このダッフルを羽織ったとたん出た言葉が「重っ!!!!!」。

 

いやほんと重いですねぇ。

 

肩が凝るくらい(笑)。

 

こりゃハンガーに掛けておくと伸びるんじゃないかと思うくらい。

そこを担当のおじさまに聞いたら伸びると思いますと(笑)。

 

まぁでもこのダッフル、オヤジが着るほうが面白いコーデになるだろうなぁ。

 

やっぱりREVIVAL、僕は好きですねぇ。

 

グレーとネイビーのシングルスーツもありましたが、それも良さそうだったな。

 

しかしグリーンチェックのジャケ、ほ、欲しい…(笑)。

 

「ニサンカタンソ」はオシャレオヤジブロガー達のアイデアで誕生したオリジナルブランドです。

ニサンカタンソではブロガーの皆様にリンクをお願いしています。

詳しくはこちら